アイシングクッキーのこと

アイシングでレースピースを作るときの必需品

投稿日:

 

浜松市浜北区のアイシングクッキー教室「おうち教室ふくふく」

ブログへお越し下さり、ありがとうございます♡

レッスン日程は、こちらをご覧ください★

 

じゃがりこより、かっぱえびせんが好きです。

こんにちは、ふくふくの福村です。

Sponsored Link

レースピースでどうやってできているの?作り方は?仕組みは?!

7月のマンスリーレッスンでは、レースピースのアイシングクッキーを作りました。

皆さん、とても上手に、綺麗にレースピースを作ることができて、私もとっても嬉しかったです♪

そのレースピースですが「どうやってできているのか分からない」「仕組みはどうなっているの?」って皆さん、思われていたようです。

そりゃそうか!笑

ここで、そのレースピースの仕組みを大公開!

っても、言葉だけの簡単なもので申し訳ないのですが・・・笑

まず、レースピースを作ります。固いクリームで、レース模様を描いていくのです。(ここについては、下記参照)

そのレースピースを良く乾かして、穴の開いたクッキーにそーっと乗せます。

んで、その周りをアイシングで塗って、装飾します。(デザインによっては、塗ってからレースピースを乗せるという逆パターンもあります。)

レッスンで仕組みが分かった時の皆さんの「そういうことだったのか~!」がなんだかおもしろくて嬉しくて、ちょっと偉そうにしていてすみませんでした。笑

さて。

上記の、まず・・・のところですが、レースピースってどうやって作るんだ、ってなりますよね。

そこを詳しく説明します。

絶対に必要になるのが、OPPシートなどのセロファンと、台紙です。

私のレッスンでは、これに加えて、補助シートも使いました。

まず、台紙の上に補助シートをしっかり貼ります。

その上に透明セロファンを重ねて、マスキングテープなどの剥がしやすいテープでしっかり留めます。(フードドライヤーの風なんかでペラッと動かないように)

これで完成!

あとは、セロファンにうす~く油(ショートニング)を塗って、その上に固いクリームでレース模様を描くだけです★

レースピースを綺麗に仕上げるための道具があります

作り方は説明しました。

実は私、この作り方で何度も失敗したんです。

失敗の原因は・・・台紙にありました。

はじめは、厚紙。厚紙の上にセロファンを貼ってレースピースを描きました。

フードドライヤーに入れて乾燥させると・・・見事に反ってました。笑

クリアファイルを切ったやつ・・・また反りました。

この時点で厚みが必要かもと薄々気づいていながらも、いろんなペラペラするやつで試して失敗(もう、OBAKAとしか言いようがない!笑)

ある程度厚みがあって頑丈で扱いやすくて・・・やっぱりアクリル板かな~と思いながらホームセンターへ。

でも、ホームセンターのアクリル板は、A4サイズと大きくて、しかも店内でカットしてもらえないって・・・(;_;)

ってことを主人につぶやいていたら、「そんな時こそネットやろ。」と。そっか!便利な世の中ですね。

ありました、ありました~!!!

ってことで、私が7月のマンスリーレッスンで使っていたアクリル板は、ネットでゲットしたものです。

100mm×100mm 板厚3mm 透明 アクリル板 (押出) アクリル板 加工OK テーブルマット・アクリルケース作りにもおすすめ♪

 

これね、サイズもちょうどいいし、頑丈なので、反らない!洗って使える!!

これ、絶対、キャラパーツを作ったりするときにも重宝するはずです。(チョコプレートにも使える!)

ちょっとした道具だけど、作業のしやすさや仕上がりが、こんなにも違うものなのかと、今更ながら実感したのであります。

 

 

【ご予約・お問合せ】

LINE@ID → @xll3694p

友だち追加

お友達登録をしていただけたら、最新の予定をお届けすることができます。

その後、
・お名前 ・電話番号 ・希望日時 ・参加人数

上記の内容を送信してください。
(私以外の人にはメッセージは見えませんので、ご安心ください。)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆インスタグラムはほぼ毎日更新中◆

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

Sponsored Link

-アイシングクッキーのこと
-,

Copyright© 『おうち教室ふくふく』のマメチシキ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.